古民家でくつろぐ家族旅行

仕事で休暇がとれたので、家族と母を誘って、秩父の民宿に泊まりに行きました。ここは、昭和の時代を思わせるような古民家になっており、屋根も茅葺き屋根になっております。今の時代ではみることが少なくなってきたので、子供の勉強にもなります。宿泊した日は、ちょうど雨が降っておりましたので、屋根をみると雨が茅をつたわっておりてきているので、それを子供達と一緒に眺めておりました。子供達も雨がつたわってくる雰囲気が気に入ったのか、ずっとみておりました。夕食の時間になると、手作り料理がずらりと並びました。どれを食べても美味しく、母も気に入った様子です。岩茸の天ぷらとお寿司がでてきたのですが、食べてみるとかなり美味しいです。この岩茸のことを聞いてみると、断崖絶壁の岩場に生えているそうで、岩茸の成分には人間の体によいものが含まれていて、食べると免疫をあげて、病気の体にはとてもよいそうです。かなり貴重な食べ物をいただきましたので、満足しました。こういった珍しい食べ物を出してくれるお店があると、食事をしながら会話もはずみますし、とてもよい思い出になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です