ワラ葺き屋根のある民宿に泊まった

皆さんに、とても珍しい屋根がある家をご紹介いたします。大昔の人たちが、洞穴に住んでいた頃、弥生時代に入り、初めて外で生活をするようになり、その家の屋根を小麦で葺いたのが、茅葺き屋根のはじまりとされております。この屋根の技術がどんどんと発展し、室町時代の頃には、かなりの屋根職人が誕生しておりました。みんな、屋根の技術を競って難しい屋根を考え、庄屋などの家の屋根の形は、屋根職人の技術の集大成といっていいほどになっております。難しい屋根は、入母屋屋根になっております。その後、屋根を強くするために、小麦の他に、ススキやチガヤを使い、20年から丈夫な屋根へとなっていきました。小麦は、日がよく当たる面で、だいたい8年くらいもち、日陰の面では、4年くらいで葺き替えるようになります。この小麦を使って葺く職人のことを、ワラ葺き職人と呼んでおりましたが、今では、一人もいなくなったと聞きました。ところが、ここ、秩父の民宿の屋根は、小麦で葺いておりましたので、この屋根を葺いているのは、どなたですか?と聞いたところ、この宿のご主人というのだから、驚きました。なんでも、秩父の吉田にいた職人さんが最後だということを聞いておりましたので、見よう見まねで独学で技術を習得したみたいです。独学といっても、屋根を見ればわかりますが、すでに職人さんといっていいほどの技術になっておりました。屋根の事にも詳しく、小麦の種類、屋根の下地の材料、縄の結び方、丸太足場の組み方、小麦の葺き方などのすべてを、一人でこなしているそうです。私は、屋根に興味があり、話を聞きましたが、とても楽しく、あっという間に、1日が過ぎてしまいました。同じように屋根に興味のある方は、宿泊して、お話を聞くと、かなり楽しい一日になるとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です