美しい藁葺き屋根の家を見ました。

今年は、仲間たちと旅行に行きました。宿泊先は、秩父の民宿になりますが、宿に到着して屋根を見ると、綺麗に葺き替えられておりました。この宿の屋根は、藁葺き屋根になっているのですが、屋根の材料は、小麦になっているんです。小麦を使って屋根ができている家なんて現在ではめったに見ることができないので、その美しさに感動しました。この屋根のメンテナンスを行っているのは、職人さんではなく、宿のご主人がおこなっているので、更に驚きます。この技術を習得するのに、独学で10年はかかったみたいです。かなり苦労したみたいですが、今では、楽しく屋根を葺いているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です